石川県立美術館内にある世界一のスイーツでまったり

金沢スイーツ

『ル ミュゼ ドゥアッシュ KANAZAWA』はスイーツ界では世界的にも有名な辻口博啓さんのお店です。辻口さんの実家は和菓子屋さんなのですが、小学生の頃に食べたショートケーキに感動して洋菓子の道に進み、スイーツの世界大会でたくさんの優勝を手にした熱くて魅力的な人です。

辻口さんと聞いて「あ~、川島なお美さんの旦那さんね~。」という方も結構いたりしますがそれは鎧塚俊彦さんですから。

ちなみに美術館の中にあるお店ですが、お店だけの利用でしたら観覧料はかかりません。

着席する前にショーケースでケーキを選ぶシステムです。アートな作品が並ぶスイーツのショーケースをずっと見ていても飽きないですね。

ル ミュゼ ドゥアッシュ KANAZAWA1

スイーツのチョイスに大の大人が本気で悩みます。小ぶりなんでお連れ様と2種類ずつ計4個を選ぼうとなったのですが、それでもなかなか決まりません。

けっして私達が優柔不断だからではありませんので念のため。誰でもルミュゼ ドゥ アッシュのラビリンスに迷い込んでしまうことでしょう。

ル ミュゼ ドゥアッシュ KANAZAWA2
ル ミュゼ ドゥアッシュ KANAZAWA3(※)写真撮影とブログ掲載の許可をもらっています。

やっと決まったスイーツはどれもクオリティーが高く、完成された味にうなるばかりでした。高めの料金設定ですがそれだけの価値があると十分思えるお味です。

まずは能登野菜中島菜が練りこまれたクロワッサンから。
ル ミュゼ ドゥアッシュ KANAZAWA3

ル ミュゼ ドゥアッシュ KANAZAWA4
リンゴと加賀棒茶の風味が爽やかなジュネ(左)と、能登栗のガナッシュをカシスとイチゴでくるんだ目にも鮮やかなシェリ(右)。いずれも金沢限定です。

ル ミュゼ ドゥアッシュ KANAZAWA5
のとミルクを使用したのとミルク杏仁と能登ヨーグルトとオレンジムースのバランスが見事なバレンシア。

行列も当たり前にできるお店ですが訪問したのが11:00前だったのでそんなに混んでいるわけでもなく、柔らかな日差しが差し込む大きな窓からアートのような本多の森を眺めることができ、ゆったりとした大人の時間を過ごすことができました。

普段せわしない生活を送っている私ですが、時間を気にせずぼーっとしていられる贅沢なひとときに幸せを感じながら明日からまた仕事頑張ろうという気持ちにさせてくれました^^

ル ミュゼ ドゥアッシュ KANAZAWA6

生きることは食べること。今日もごちそうさまでした。

石川県金沢市出羽町2-1 石川県立美術館内

タイトルとURLをコピーしました